手づくりが人気♪

感謝!初めての方にはとても分かり易く!難しく考えずに人間のおかずで使う野菜を味付け前に愛犬用に取り分けながら!調理するなど!楽しく愛犬の食事作りに取り組める為購入して良かったです。いろいろな手づくり犬ごはんの本がある中、須崎先生の本が一番評判が良かったのでこちらにしました。この本があれば基本はマスターできそうです!手づくり食の不安!疑問を見事に解決してくれる内容です。

コスパがいい!

2017年01月11日 ランキング上位商品↑

手づくりかんたん!手づくり犬ごはん [ 須崎恭彦 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

参考になるかと購入。レシピがいっぱいのっているのはありがたいですね。1冊だけの情報に頼らず!3〜4冊の手作りご飯のレシピを元に!偏りの無い様!作っています。もはや人間の食べ残しをあげるというより、逆におすそ分けしてもらっている感じです。愛犬は毎日、ゴハンが嬉しくて狂喜乱舞、遠吠えしているので心の栄養にもなっていると思います。そして!この本を購入してから!難しく考えていた犬の手作りごはんが「これなら私にもできそう」と確信し!実行しています。お腹の様子を見ながらドッグフードと併用であげれればいいなと思っています。週末だけなど、まずは無理せずに作ってみたいと思います。ただ!生肉を使ったレシピもちょっと期待していたのですがなかったので残念です。といっても、完全食は腰が引けるので、フードにトッピングという形で週末のみ、というスタイルで頑張りたいと思います。出来上がり写真や作り方などとても詳しくて参考になります。時短調理や色分けなども記載されていて!食事作りに悩んでいる方にはお勧めの本です。フードに徐々にこだわるようになり!オーガニックのものなども与えてみましたが!どうもお値段が張る程!食いつきがあやしくなり。マンネリ化しちゃうし…。材料も豊富に使っているし!調味料は使ってなくて安心に思えました。メニューそのままは作れなくてもとても参考にはなると思います。2匹の犬と暮らして6年目です。ただ、分量が10kgの成犬1回分としか書いてないので、5.6kgの愛犬には半分ちょっとかなぁとちょっと量が微妙です。ドッグフードは死骸の肉を使っていたりすることもあるという衝撃的な事実を本を読んで知っていたので!手作りにとても興味を持っていました。先日ドッグフードが合わずにお腹を壊してしまった愛犬のために手づくりに挑戦してみようかなぁと購入しました。手づくり食初心者にとても分かりやすく見やすい本でした。材料は10kgの成犬1回分と言う説明だけですが!うちは小型犬なので半分かなと思って作ってみました。レシピの分量どおり作って!夜!翌朝と半分づつフードにトッピングしてあげたりもしています。写真だけ見ると!人間用のようにキレイなレシピです。(しばらくするとケロっと元気に走り回るし、お医者さまも問題なしとのこと)プレミアムオーガニックフードから、成分的にもほどほどなナチュラルチョイスに戻して落ちつきましたが、やはり食べてくれなかったり、吐いたりするのを見ると、とても心配で、犬の食事の基礎が知りたくなりました。犬のごはんを作るのがこんなに楽しかったとは! 今までプレミアムドライフードを仕方なさそうに食べていた犬たちが、今度は何かなという顔で、台所でしっぽを振りながらごはんを待つようになりました。また、人間と同じ食事でアレンジしたものなども書かれてとても良かったですよ♪必要な栄養素だけでなく、メニューも多彩でそれでいて難しくないところが使いやすいです。本の写真のような見栄えには出来ませんが、ちょっとしたオジヤも犬にはとてつもないご馳走に思えたようですよ。私自身が現在ケガをしているので治ったら朝はドッグフード!夜は手作りでと考えてます。もう愛犬はシニアになり最近になって病気がわかって今さらですが美味しいご飯をと手作りし始めました。普段料理をしない人にとっては決して簡単には見えずちょっと面倒に感じるかもしれません。質問コーナーでは疑問に思っていたことが解決されて良かったです。図書館で借りてから購入したので納得のお買いものでした。いろいろ考えてみたら!ドッグフードってどうなんだろう?…と思うようになり!手作りごはんに挑戦したかったのですが!栄養バランスが難しそうで悩んでいました。犬達がシニアの年齢になり!いつまでも若くいてほしいと思い!大好きな毎日の食事に!もっともっと喜びを与えてあげたく!ドライから手作りへと完全に切り替えました。メニューの種類も多く!目的別41種!他にもバランスの取り合わせ方!イージークッキングなど作り方がたくさんでオールカラーで見ているだけでも楽しいです。トッピング食から完全手作りに使用か検討中のために購入しました。。。我が家のわんこ(Mダックス)はよく体を掻いているので!皮膚にいい食事を作ろうと思います。何を何グラム与えれば良いか!また食品を色別に挙げて成分を記していたりしてとっても見やすかったです。その姿にシェフもやる気がアップ! いつの間にか犬に餌をあげるという感覚がなくなり!犬と一緒に食を楽しむという感覚になりました。コスト面ではなく、本当に犬に与えていいものかどうか?の食材も。この夏は!一時的に頻繁に吐いていました。須崎先生の本は何冊も持っていますが!レシピも多いしパッと見!一番興味を惹く本だと思います。買って良かったです!突然!お腹を壊し回復しなくなってしまった我が家の犬たち。先住犬は何でもガツガツタイプですが!若い犬が好き嫌いがあるようです。愛犬にこの本で紹介されているごはんをつくる時は、愛犬の持病、アレルギー、これまでの食生活、環境など充分考慮し、かかりつけの獣医さんに相談の上、作ってあげたほうがいいかと思いました。私と同じような不安を抱えている飼い主さんにはオススメできます。分量の基準にとても参考になりますので!これから手作りご飯をお考えの飼い主様にお勧めです。ストルバイト気味と言われてから極力水分の多い食事を…と考えたら手作りにたどり着きましたが、いつも似たようなメニューばかりになってしまうので、参考にします。ただこれらの料理をそのまま愛犬に与えるべきかどうかは賛否わかれるところかと思います。犬と一緒に健康になれそうです。数年前から手作り食に興味があったのですが、なかなか手が出せずにいました。どの料理も、人がそのまま食べられるものですから、味付けで調整すれば、愛犬と一緒に食卓を囲むことができます。基礎知識が詳しく分かりやすくシンプルに解説されており、作る意欲が湧いてきました。知人に勧められて購入しました。毎食いろいろと考えて作ることがこんなに楽しく幸せだとは思いもしませんでした。栄養のバランスがよく低カロリーなのでダイエットにぴったり。Q&Aのページが本の中にあり!同じような疑問に回答されていますが!合わなかったら下痢したり嘔吐したりするから!というような記述があり!そんな生体実験のようなことを良しとされているようなところに不快感を覚えます。知識もそこそこ頭に入ったなぁという人には!プラスアルファの知識と写真付きレシピが多いのが良いですね。高齢犬ですが低脂肪な食事にしてあげたく本を探していて、図書館で見たこの本がとても気に入り購入することにしました。参考にしたくて本を購入しました。他の方のレビューどおり!レシピは少ないもののどんな食材を使えばいいのかわかって参考になります。実店舗にはあまり揃っていなく、調べていると、レビューの多かった須崎さんの本に決めました。